トピックス Topics

こんにちは、仙台国際ホテルです。


本日はホテルメイドのスイーツを気軽にお持ち帰りいただける『デリカショップ』より、この季節にぜひ食べていただきたい!新作ケーキをご紹介します。

※2021年の販売は終了いたしました

【驚くほどみずみずしい】メロンショートケーキ

名取市「キタカマクイーン」のメロンショートケーキ 1ケ¥480(税込)/「キタカマクイーン」収穫の時期限定。1Fデリカショップで販売

皆様から愛される定番ケーキと言えば、いちごがトッピングされた「ショートケーキ」。
そんなショートケーキを仙台国際ホテル流にアレンジした、初夏にしか作ることができない特別なひと品「メロンショートケーキ」が登場いたしました。仙台市に隣接した名取市、北釜地区で生産されているメロン「キタカマクイーン」をたっぷりとサンドした爽やかなショートケーキです。

【震災を乗り越え復活】名取で作られている希少なメロン!

名取市の農家さんに通うようになり、宮城のフルーツを生産している方を探している時に偶然知り合った北釜地区のメロン農家さん。東日本大震災前、仙台国際空港近く、海沿いからも程近い水はけのよい砂地を生かして、メロン栽培を長年続けられてきたそうです。震災の津波によって多くのビニールハウスや畑が被災し、一時は生産がほぼ「ゼロ」の状態にまでなってしまいました。
名取市北釜地区特産のメロン「キタカマクイーン」は、そんなメロン農家さんをはじめとするたくさんの方々が尽力して復活した、復興の星とも言えるようなメロンです。みずみずしくすっきりとした、癖のない甘さが魅力です。

実際に名取市で「キタカマクイーン」栽培の様子を見学させていただきました!仙台国際空港の近くに栽培するビニールハウスが立っています。

「キタカマクイーン」は、ちょうど出荷が始まったばかり。現在栽培する農家さんは7名ほど、しかも収穫できるのは約1カ月間!生産量が限られている希少なメロンなんです。
収穫の時期には、毎日1つ1つのメロンを丁寧に確認しながら最上のメロンを選んで出荷しているんです。

収穫も体験させていただきました。
栽培しているメロン全てが出荷できるというわけではありません。出荷できる状態にならず廃棄してしまうことも多いそうです。栽培する土に工夫を凝らすなど、今でも試行錯誤しながら、年1回しかない収穫の時期を大切に、研究を続けているそうです。

みずみずしい果肉。もちろんそのまま食べても絶品です。

温暖な風土を誇り、良質な水が確保できる北釜地区だからできるメロンです。手に取ると、メロンの甘い香りが漂ってきます。


この「キタカマクイーン」と生クリーム、ジェノワーズ(生地)が最高のバランスになるよう、それぞれの量を考え、ショートケーキに仕上げました。
気温も上がってくるこの時期に、さっぱりとした甘さとみずみずしさ、生クリームとの相性もピッタリです。


名取市「キタカマクイーン」のメロンショートケーキ 1ケ¥480(税込)
「キタカマクイーン」収穫の時期、約1カ月間の限定販売です。ぜひお召し上がりください。

[まとめ]
・名取市北釜地区で大切に育てられた、生産量の少ない希少なメロンを使用
・初夏1カ月間だけの限定スイーツ
・みずみずしいメロンの味わいを楽しめるショートケーキ

[おまけ]
・1F「コーヒーハウス」で提供している「メロンパフェ」もキタカマクイーンを使用します。こちらもあわせてお楽しみください。

この記事をシェアする

戻る

おすすめ記事